イケメンクラスターとゴミ拾い!

こんにちは!

ユニットココイチのCより、初投稿です。

 

先日、ゴミ拾い専用SNSを活用し、地元のゴミ拾いに参加してきました。

その時のちょっとソワソワしつつも楽しいひと時について投稿します。

 

 

11月のとある土曜、午後1時。場所は愛知県の木曽川沿いにある某公園。

天気にも恵まれ、川にはウィンドウサーフィンを楽しむ人達、

公園ではキャンプをしている家族。と、多くの人で賑わっていました。

 

 

こんな風景を横目に集合場所に向かうと、

そこにはトングを持った若いイケメンクラスターが…

 

『まさか、あれじゃないよね…。』と暫く間、遠くから眺めておりました。

(この時点ではただの怪しい人です。)

 

時間が近づいてきたので、勇気を出してその集団に声をかけたところ

やはり、主催者とメンバーでした。

 

(ここからは若いイケメン達に囲まれるという、

なんとも嬉しい慣れない環境に終始ソワソワ…)

 

早速、輪に加えていただき、怪しい人間ではない事を必死に説明し、いざ出発!

 

毎月継続して活動をされているせいか、目立ったゴミは少なかったですが、

茂みに隠してあったり、土に埋められているゴミが多くありました。

 

達人たちは、ゴミ捨てスポットを熟知しているのか、

隠されたゴミたちを手際よく回収しておいででした。

 

私も終了までの1.5時間、彼らの活動について教えてもらいながら黙々と作業。

いい汗かきました!(暴風で極寒だったけどね!)

 

最後は記念撮影をして、写真の掲載許可をもらい、解散!

 

 

ここで、今回主催のNPO法人(イケメンクラスター)について

少しご紹介させていただきます!

 

エラシカ岐阜ビーチサッカークラブというアマチュアチームで

普段、木曽川にある河畔砂丘(川にある砂丘)で練習をしているそうです。

また、ビーチサッカーという環境スポーツをより深く追求する為に、

自然環境保護活動を行っており、毎月各所でゴミ拾いをされています。

今回のゴミ拾いも、河畔砂丘の保護の一環でした。

 

環境保護活動をする背景として、自然の河畔砂丘の減少があります。

自然の河畔砂丘は全国に3か所存在していたそうですが、

現存しているのは木曽川のみとなってしまったそうです。

 

かつては、川にたどり着くのが遠く感じる程広大な河畔砂丘だったそうですが、

いまではとても小さな面積しか残っておらず、

その砂丘を残すこと・増やすことを目的として様々な活動をされています。

 

地元でありながら知らない事が多く、新たな発見や出会いがあり

とても充実した時間となりました。

 

今後も継続して、参加したいと思います。

ご興味がある方は、以下のサイトをチェックしてみてくださいね!!

 

↓↓ゴミ拾いを繋ぐSNSサイトはコチラ

https://blueshipjapan.com/