こちらでは、保護フィルムに関してのよくあるご質問とその回答を掲載いたしました。
当社にご注文を依頼して頂く際、参考にして下されば幸いです。

 

城山さんはどんな会社なんですか?

ステンレスやアルミなどの輸送時や加工時に傷がつかないように表面を保護する保護フィルムの専門商社です。

表面保護フィルムのメーカーさんから製品を仕入れたり、未加工品を仕入れて加工し、ステンレスやアルミのメーカーさんを始め、コイルセンターさんなどの様々な業界の方に用途等や使用条件等に合わせ最適なものをご提案させていただいています。

詳しくは、城山の業務案内ページ会社案内ページをご覧ください。

お気軽にお問合せ下さい。

 

新しい商品を保護するのに適切なフィルムがわからないのですが・・・

当社では取り扱いメーカーのサンプルを豊富に取り揃えております。また、それに合わせ金属板の代表的な被着体(SUS BA板、2B板、HL板やアルミ板等)もご用意しておりますので迅速に初期データーを測定することができます。

当社では小型貼合機によって同一条件の下で促進テストを行います。私たちが長年積み重ね知見をベースに、お問合せに対して迅速且つ的確に推奨品の表面保護フィルムをご提案することができます。

城山の保護フィルム選定サポートを確認する

 

フィルムを剥がしたら糊がのこってしまったのですが・・・

表面保護フィルムには、よく着いて、綺麗に剥がれるという、相反する機能が求められます。ですから様々な条件を考慮し、表面保護フィルムを選定しませんと、トラブルを招く可能性があります。

糊が残ってしまった場合は、応急処置として、残ってしまった被着体がアルミやステンレスなどの金属は、溶剤などでふき取る以外方法がありません。被着体が塗装板の場合などはこのような方法では対処できません。

当社ではトラブルを未然に防止するために、営業がお客様のご要望や使用条件や保管条件など詳細にわたってお伺いし、最適な保護フィルムをご提案いたしております。

城山の事前評価の仕組み

 

注文するフィルムの品番がわからないのですが・・・

青ポリ、塩ビフィルム、レーザー用など、色々な呼称がある保護フィルムはメーカーや品番も多種多様です。

当社は、主要メーカーの商品を幅広く扱っており、今お客様がお使いのフィルムがどのメーカーのどんな品番なのかを、判断し、保護フィルムの特性など専門知識を持った営業マンが多数おりますので安心して御相談下さい。

城山の保護フィルム選定サポートを確認する

 

狭い幅の保護フィルムを、出来ればすぐ欲しいのですが・・・

ご注文頂いた商品をより早く、確実・迅速に、また安定的に供給することは、城山の大切な使命のひとつだと考えております。

当社では急ぎのスケッチ幅等のご注文にも、最小10mm以上から切断を承ります。狭幅フィルムには、テレスコ現象(タケノコ)が付き物ですが、当社ではそのようなお困り事にもカシメ梱包などの対応も可能ですので是非ご相談下さい。

お急ぎの方はお電話下さい

(お問合せページが開きます)